YouTubeも更新中!

夏バテにぴったり!手羽元のさっぱり煮【フライパンひとつで】

手羽元のさっぱり煮の作り方をご紹介します。

特に今回は、ほどよい酢を加えて「さっぱり」と食べやすいレシピに仕上げ、またフライパンひとつで出来る簡単レシピになっています。「作って楽で、食べてさっぱり」と、夏バテしやすい時期にぴったりですので、ぜひ試してみて下さい。

 

手羽元のさっぱり煮

1 材料(2~3人分)

鶏手羽元 8本
ごま油 適量

☆しょうゆ 50ml
☆酒 50ml
☆酢 40ml
☆みりん 30ml
☆砂糖 大さじ3

 

2 作り方

① 油を敷いたフライパンで、手羽元の表面を中火で焼く。

② 表面がきつね色に焼けたら一度火を止め、鶏肉から出た油をキッチンシートでふき取る。その後☆を加え、ときどき裏返しながら弱火で15~20分、落としぶたをして煮詰める。

③ 仕上げに落としぶたを外し、中火にして2~3分ほど煮詰め、水分を飛ばして照りを付ける。

 

 

3 YouTubeの料理動画でご紹介

 

【point】
① お酢を控えめ(程よく入れる) →「食べやすさ」を意識
② 油を一度拭き取る

特にスーパーで売っている普通の手羽元には、出てきた肉汁に水分・臭みも含まれているため、一度焼いた後にキッチンシートで拭くことで、さっぱりと食べやすい味になります。

 

手羽元のさっぱり煮 まとめ

今回は、手羽元のさっぱり煮をご紹介しました。

夏バテのときにも食べやすく、またフライパンひとつで手軽にできるため、お得で嬉しいレシピです。おかずとしてのほか、ビールにも相性の良いレシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

 

※ さっぱり煮で余った「たれ」は、一度冷やして上澄みの脂を取り除いたあと

①だし汁で割ってラーメンスープ
②もう一回別の煮物に使う(自分はこのタレを筑前煮にリサイクルしました笑)

などをすると、最後まで堪能することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です