YouTubeも更新中!

【下味に2つの隠し味】コクとジューシーさを倍増させた唐揚げの作り方

簡単に唐揚げのコク・ジューシーさを倍増させる隠し味・簡単テクニックをご紹介します。

特に今回は、2度揚げ等といった難しい作り方ではなく、下味に2つの隠し味・そして衣にテクニックを用いることで美味しく仕上げます。100gで98円の鶏肉も、びっくりするくらいジューシーになるレシピですので、ぜひ試してみて下さい。

 

唐揚げの作り方

1 材料

鶏もも肉 300g
☆しょうゆ 大さじ1
☆酒 小さじ1
☆おろしにんにく 適量

☆隠し味① オイスターソース 小さじ2
☆隠し味② ケチャップ 小さじ2

溶き卵 1個
薄力粉 大さじ1.5
こしょう 適量
片栗粉 適量
サラダ油 適量

 

2 作り方

① 鶏もも肉を一口大に切り、☆を加えよく混ぜて30分置く。

② ①に溶き卵・薄力粉・こしょうを加え、しっかりと和える。その後鶏もも肉をコーティングするように片栗粉をしっかりとまぶす。180℃の油で、約4分揚げる。

 

※ 2018.2.27追記
薄力粉・卵の部分は焦げやすいため、しっかりと「薄力粉・卵」の液に付けたあとは片栗粉でコーティングしましょう。

 

3 YouTubeでポイントをご紹介

 

【pointまとめ】
① 下味にオイスターソース・ケチャップを隠し味に使うことで、鶏もも肉にコク・ジューシーさを生み出します。

☆ケチャップ ⇒ 「甘み・酸味」が肉を柔らかくし、揚げた時に酸味が飛びコク・甘みが残る
☆オイスター ⇒ コクに加え、意外と含まれている砂糖が「ブライン液」の役割を担う

 

② 「薄力粉⇒片栗粉」と2重でコーティングすることによって、外はカリカリ・中はジューシーに仕上がる

 

おまけ

唐揚げは幾度となく作ってきた料理で、自分も色々なレシピを公開しています。

 

☆竜田揚げ
☆スパイシー(ケン〇ッキー風)
☆アメリカ フライドチキン風
☆ニンニクマシマシスペシャル

 

そういった唐揚げの研究をしていくなかで見つけた、大変相性の良い組み合わせ(隠し味)を今回使用しています。

一見奇をてらっている調味料(特にケチャップ!)ですが、

 

ケチャップの「酸味」が飛ぶ。

 

これには自分も驚きました。甘さとコクが残り、そしてオイスターソースの相性も良いため、唐揚げに砂糖を加えずとも「複雑な甘み・ブライン液(砂糖で肉を柔らかくする)」の効果があるレシピです。

普段「ダイエット」が口癖の妹が、知らぬ間に自分の分も食べた(食べられたw)、ジューシーさ・そして満足感あふれる料理に仕上がりました。

 

下味に2つの隠し味を使う唐揚げ まとめ

今回は、唐揚げにコクとジューシーさを生み出す2つの隠し味・簡単テクニックをご紹介しました。

ケチャップの酸味が飛び意外にも「ケチャップ感」がなく、またオイスターソースとの相性も抜群でコクがあり、さらに大変ジューシーのため「噛む」満足感が特徴のレシピです。難しい技術はなく、とても作りやすさも嬉しいテクニックですので、ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です