YouTubeも更新中!

フライパンでジューシーな焼き鳥を作る、4つのポイント(焼き方・タレの作り方)

焼き鳥の作り方(フライパン)

フライパンひとつで出来る、焼き鳥の作り方とポイントをご紹介します。

「串に刺す・焼き方・たれ」といった4つのポイントを押さえることで、外はカリっと・中は肉厚めな食感の焼き鳥が、おうちで手軽に作ることが出来ます。

材料もシンプルで実践しやすく、それでいて満足感が高い焼き鳥が出来るようになっていますので、ぜひ参考にして頂けたら幸いです!

 

フライパンで焼き鳥の作り方

1 材料(3本)

鶏もも肉 1枚(300g)
ねぎ 1/2本

塩 適量
こしょう 適量
サラダ油 適量

しょうゆ 大さじ2
料理酒 大さじ1
砂糖 大さじ1.5

 

2 作り方・ポイントをご紹介

フライパンで作る焼き鳥の作り方を、流れでご紹介します。

ポイント自体も特別なテクニックや道具等は必要なく「見てすぐに実践しやすい」ものになっていますので、ぜひ参考にして頂けたら幸いです!

まずはじめに、ねぎ・鶏もも肉を小さめの一口大に切ります。

 

串に刺す際のポイントとして、「皮の向きを揃える」ことが重要になります。

フライパンで焼く際に、皮目から焼き目を付けることでカリカリ食感を生みたいため、皮の向きを揃えて串に刺しましょう。

 

※ 裏はこんな感じです。

味付けは塩・こしょうで、塩とこしょうを振ったらすぐに焼きます。(漬け込みなどを行うと、表面の食感が少しぐちゃっとする印象でした。)

また、フライパンの場合は料理酒・炭火の香りなどで「臭み取り」が出来ないため、臭み取りとしてこしょうを振ることをおすすめします。

 

そして焼く際のポイントとして、表面を皮目から中火で焼き目を付け、

 

両面に焼き目を付けたら、蓋をして弱火にし、5~7分ほど蒸し焼き状態にします。

表面を中火でカリカリに → 中まで火を通す

この工程をすることで、表面はカリカリ・中はジューシーな食感に仕上げます。なお、焼き方を逆(弱火→強火)で試したところ、中まで火が通るころにはパサパサになってしまう印象でした。

 

※ ねぎもしっかり焼き目が付きました!

 

最後に4つ目のポイントとして、本当は焼き鳥を焼いている状態でタレを入れたいところですが、焼き鳥を取り出し、脂を取ってからタレを作ります。

鶏から出る肉汁は臭みが強めなほか、脂分に加えて水分が多いため、タレの味が薄まるのに加え、冷めると固まりやすくなります。

 

そのためフライパンで焼く際は、「タレを別に作り、かける」手順がおすすめです!



4 作り方 まとめ

① ねぎ・鶏もも肉を一口大に切り、皮の向きを揃えて串に刺す。

② 塩・胡椒を振り、油を敷いたフライパンで焼く。最初は中火で皮目から焼き、両面にしっかり焼き色を付ける。その後弱火にし、蓋をして5~7分蒸し焼きにする。

③ 一旦焼き鳥を皿に盛り付ける。残った油を取り除いて、タレの材料を弱火にかけて、とろみを付ける。焼き鳥にかけて頂く。

 

★材料
鶏もも肉 1枚(300g)
ねぎ 1/2本

塩 適量
こしょう 適量
サラダ油 適量

しょうゆ 大さじ2
料理酒 大さじ1
砂糖 大さじ1.5

焼き鳥の作り方(フライパン)

 

4 YouTubeの料理動画でご紹介

フライパンで焼き鳥 まとめ

【point】
① 皮目を揃えて串に刺す
② 塩・こしょうを振ったらすぐに焼く
③ 中火→蓋をして弱火
④ 残った脂は取り除き、タレは後からかける

 

焼き鳥の作り方をご紹介しました。

この方法を使うことで、フライパンひとつでかなりジューシーに仕上がり、かなり食べ応えのある焼き鳥が仕上がります。おかずとしては勿論のこと、パーティー・お酒のお供にもぴったりですので、ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。