フライパンでベーグルの作り方【発酵・成形・茹でるを詳しくご紹介】

フライパンで作るベーグルの作り方をご紹介します。

特にベーグルは、作り方によって発酵時間をあまり必要とせず、実はパンよりお手軽に出来るレシピになっています。今回は「発酵・成形・茹でる・焼く」流れを詳しくご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

フライパンでベーグルの作り方

1 材料(4個 作りやすい分量)

・☆強力粉 200g
・☆はちみつ 小さじ2
・☆塩 小さじ0.5
・☆ドライイースト 3g
・☆お湯(40℃) 105~120ml

★茹で用
・水 1000ml
・はちみつ 大さじ1

2 作り方

① ☆をよく混ぜ、生地がまとまったら10~15分こねる。

② 生地を細長く伸ばしたあと4等分にし、生地を丸め、濡れ布巾を被せて15分ベンチタイムを取る。

③ 生地を15㎝程度の長方形に伸ばし、3つに折りたたんだあと生地を丸める。(詳しくは下記でご紹介します)

④ 生地にボウルを被せ、30℃程度の室温で30分発酵させる。

⑤ フライパンに水・はちみつを入れ沸騰させ、生地を両面1分ずつ茹でる。

⑥ テフロン加工のフライパンに生地を敷き、フタをして弱火で8分ずつ、両面を焼いて完成!

3 レシピのポイント

今回は、フライパンで簡単にベーグルを作ります。

ベーグル作りは、通常のパンとは異なる点がいくつかありますので、その部分についても踏まえながらポイントをご紹介します。

【通常のパン作りのポイントはこちら】
初心者の方必見!パン作りの流れ・コツ・ポイントをご紹介

まず生地をこねた後、今回は1次発酵を割愛して作ります

発酵をあえて減らすことで、生地が詰まった「モチモチ感」を生み出します。また、時短にもなり簡単にベーグルが作れるようになるため、今回は1次発酵を無しで行いましょう!

次に、生地を4等分して丸め、ベンチタイム(15分)を取ります。

そしてベンチタイム後、成形に入ります。

まずは生地を伸ばし、

15㎝程度の長方形に伸ばします。

次にその生地を3等分し、

生地の端を少し潰します。

そして生地を丸め、潰した部分で反対を覆うと成形ができます。

成形後は生地が乾燥しないよう気を付けながら、30℃程度の室温で、約30分発酵しましょう。

生地の発酵が終わったら、生地をフライパンで茹でます。

ゆで時間は両面1分ずつで、生地がフライパンの端・また生地と生地がくっつかないよう気を付けましょう。

そして最後に、テフロン加工のフライパンに茹でた生地を乗せ、蓋をして弱火で8分ずつ加熱すれば完成です!

生地が焦げないよう様子を見ながら、両面をしっかり焼き上げましょう!

フライパンで簡単に、本格食感が楽しめます!

4 youtubeの料理動画でご紹介

フライパンでベーグル まとめ

【point】
① 1次発酵不要
② フライパンで茹で、フライパンで焼く

【注意点】
① くっつかないよう注意
② 焦げに気を付ける

今回は、フライパンでベーグルの作り方をご紹介しました。フライパンで作ると意外と簡単にでき、また食感・香りも本格的なものを味わうことができます。

オーブンがご家庭にない方はもちろんのこと、パンをあまり作ったことの無い方、通常のパンよりも短い時間でパンを作りたい方など、様々なシュチュエーションで向いているレシピですので、ぜひ試してみて下さい。

【通常のパン作りのポイントはこちら】
初心者の方必見!パン作りの流れ・コツ・ポイントをご紹介

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連google