初心者必見!バーベキューがスムーズにできるおすすめ食材

特に初心者はバーベキューをするとき、材料は何を持っていくか、そして「どのようにスムーズに事を進ませるか」に頭を悩ませると思います。

バーベキューをするのにもかかわらず、準備から後片付けまでモタモタしてしまうと、作る側も大変ですし、何より興ざめしてしまいます。

そこで今回は、バーベキューを「スムーズに行う」ことに注目して、簡単に調理が出来るおすすめ食材・料理の仕方などを紹介します。バーベキューを準備から後片付けまでスムーズに行い、「ラクに楽しい」バーベキューにしましょう。

1 バーベキュー食材を選ぶポイント

バーベキューをスムーズに行うためのポイントは「いかに仕込みが出来るか」です。これは料理屋の仕込みと考え方は同じです。あらかじめ家で切る、漬けるといった準備を行えば、実際のバーベキューでは「火をつけて焼くだけ」になります。

2 おすすめのバーベキュー食材 肉編

2-1 加工品・もともと切ってある肉

肉は、加工品・もともと切ってある焼肉用パックがおすすめです。

これらは仕込みの必要がないため、簡単にバーベキューが出来ます。また、これらはスーパーなどで普通に売っているため、手に入りやすいことも特徴です。

【食材】
☆ソーセージ
☆焼肉用パック(牛カルビ・ロース・タンなど)
☆仕込み・味付け済み食材(こてっちゃん・牛カルビなど)

バーベキュー初心者必見!BBQがスムーズに出来る食材とコツ

2-2 自宅で準備する食材

自宅で準備をする食材は、主に豪快さを重視したバーべキュー食材です。

これらは①自宅で切る→②屋外で串に刺すなどを行う→③焼くの3ステップです。自宅で仕込みを行ってしまえば焼くだけのため、とても簡単にバーベキューが出来ます。

【食材】
☆牛ロースブロック
☆豚ロース
☆鳥モモ肉をそのまま

バーベキュー初心者必見!BBQがスムーズに出来る食材とコツ

2-3 漬け置き

また、漬け置きを行うとバーベキューのバリエーションが増えます。

漬け置きは一見難しいイメージがありますが、切って一晩置くだけのため、とても簡単です。特に、スパイスコーナーなどに置いてある粉末タイプで仕込むと大変簡単です。まぶして一晩置くだけで本格派になります。

【食材】
☆照り焼き風(醤油・みりん)
☆タンドリーチキン風
☆ハーブ肉風
☆ケバブ風

バーベキュー初心者必見!BBQがスムーズに出来る食材とコツ

3 おすすめのバーベキュー食材 魚編

3-1 簡単な魚介類を選ぶ

バーベキューをスムーズに行う魚を選ぶコツは、①切る必要がないこと②骨が無いことです。バーベキューには骨を出す手間・手を拭く場所・骨を置く場所がないためです。

したがって、いかに簡単に準備ができ、骨を無くすかがポイントになります。

【食材】
☆サザエ・ホタテといった貝類
☆イカ・タコ
☆マグロステーキ・ホッケスティック

バーベキュー初心者必見!BBQがスムーズに出来る食材とコツ

3-2 ホイル焼き

また、鮭のチャンチャン焼き・鮭のアクアパッツァ風蒸し焼きといったホイル焼きは、一見難しそうに思えますが、「焼く」以外の工程のほとんどが自宅で出来ます。

そのため、「①骨を取る ②材料を切る ③味付けして和える ④アルミホイルで包む」までを自宅で行うと、バーベキューでは「焼くだけ」になります。

4 おすすめのバーベキュー食材 野菜編

野菜は、あらかじめ薄切りをすることをおすすめします。

ニンジン・かぼちゃなどは火の通りが遅いため、火が早く通るように薄切りをすると、焼いてから食べるまでの時間が短くなります。補足ですが、モヤシはあまりおすすめしません。理由は焦げやすく、バーベキューでは箸で取りづらいためです。

また、とうもろこしは茹でてから持っていくことがポイントです。あらかじめ茹でることにより、焦げ目をつけるだけで簡単に焼きとうもろこしが出来ます。

【食材】
☆玉ねぎ
☆ニンジン
☆かぼちゃ・さつまいも
☆ナス
☆ピーマン
☆キノコ類
☆とうもろこし(茹でる)

バーベキュー初心者必見!BBQがスムーズに出来る食材とコツ

※串に刺すのも方法のひとつです↑

5 おすすめのバーベキュー「変り種」食材

☆焼きおにぎり
→自宅でおにぎりを握っておきましょう

☆パン
→焦げ目をつけてトースト風

☆マシュマロ
→串に刺して焼きましょう

☆フルーツ
→アルミホイルに包んで焼きましょう
(みかん・バナナ・リンゴなど)

バーベキュー初心者必見!BBQがスムーズに出来る食材とコツ

6 バーベキューをスムーズに行うポイント

6-1 バーべキューの基本は焼肉と同じ

BBQは、「仕込みが必要な焼肉」と考えると簡単です。

火が通りにくい野菜から焼く・豚肉と鶏肉はしっかり焼くなど、焼肉と基本は変わりません。ただし、バーベキューの方が圧倒的に火力は強いため、焦がさないように注意しましょう。

6-2 ホイル焼きを活用

ホイル焼きのメリットは「アルミホイルが捨てられる」点です。

フライパン・スキレットなどを手持ちする場合もありますが、洗い物が大変になります。一方、アルミホイルで焼くと後片付けがないため、とても簡単です。洗い物を出さないようにすると、バーベキューが終わった後もスムーズになります。

【おすすめ食材】
☆ジャガイモ(4等分してバター)
☆キノコ(平茸・舞茸など分かれやすいもの)
☆ニンニク(皮をあらかじめ剥く)

6-3 バーベキューではおすすめしない料理

☆焼きそば
☆カレー
☆揚げ物
☆パエリア・アヒージョなどイタリアン系

これらはバーベキューだと意外と大変です。時間がかかり、洗い物が大変であり、残ったものを持ち帰りづらいためです。

6-4 バーベキューは「仕込み」が大切

今回紹介した食材は、仕込みを行えば、ほとんどが「焼くだけ」です。

切る・和える・ホイルで包むなど、自宅で出来る部分は自宅で行うと、かなりスムーズにバーベキューが出来ます。

バーベキューのおすすめ食材 まとめ

今回はバーベキューをスムーズに行う方法ということで、仕込みをあらかじめ行い、現地ではなるべく「焼くだけ」にして、切る手間・仕込む手間・片付ける手間をなるべく省くことができる食材を紹介しました。

これらのことを考えるだけで、面倒くさいと思われがちなバーベキューがとてもスムーズに、そしてとても簡単になります。家族・友達同士・会社などでバーベキューを行う際などは、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連google