YouTubeも更新中!

【衣ザックザク】フライドチキンの作り方・コツをご紹介(クリスマス/鶏もも肉レシピ)

フライドチキン(クリスマス)

フライドチキンの作り方をご紹介します。

今回はポイントをいくつか押さえることで、普段使いしやすい材料で「ザクザク」のフライドチキンが出来るレシピになっています。作りやすい上に、出来立ての美味しさを味わえる、クリスマスにもぴったりのレシピですので、ぜひ試してみて下さい。

 

クリスマス・フライドチキンの作り方

1 YouTubeの料理動画でご紹介

 

2 材料(2~3人分/5個)

鶏もも肉 1枚(300g)
サラダ油 適量

★下味
しょうゆ 小さじ2
みりん、酒 小さじ1
おろししょうが、おろしにんにく 適量

★卵液
卵 1/2個
牛乳 大さじ2

★衣
薄力粉(小麦粉) 80g
塩、鶏ガラスープの素 小さじ1
こしょう たっぷり

 

3 作り方

① 鶏もも肉を5つに切り、下味の材料を加えて15~30分置く。

② 卵液の材料を混ぜておく。また、別のボウルに衣の材料を入れ、泡立て器で混ぜておく。

③ ①を②→③の順に付ける(ポイントは下記参照)

④ ③をたっぷりの油で はじめに低めの温度(160℃~170℃)で4~5分揚げて取り出し、1分半ほど置いて余熱で火を通す。

⑤ 油の温度を上げ(180℃前後)、両面20秒ずつ2度揚げを行う。

 

※ ポイントは下記で詳しく解説します!

フライドチキン(クリスマス)

 

4 レシピのポイント

今回は、普段使いしやすい材料で「ザクザク」感が出るよう、ポイントをしっかり押さえて作ります。ポイント自体は実践しやすい内容ですので、一緒に見ていきましょう!

 

まずはじめに、鶏肉を漬け込みます。

本場のフライドチキンでは漬け込みをしないものが多い印象ですが、下味・肉を柔らかくする2つの効果が得られるため、しっかりと漬けましょう!

 

そして、衣の付け方です。まずはじめに卵液に浸し、

 

衣をしっかりと付けます。

この際のポイントで、衣をかなりしっかりと付けます。また、写真のように手に付いた衣も利用し、

 

取って衣に付けます。

 

このように、衣をたっぷりと付ける・手についたダマも利用することで、ザクザクの食感に仕上げます。

 

また、今回のレシピでは油をたっぷりと使用しましょう。フライドチキンを入れた際、油で浮くくらいの量が目安です。

 

そして、このフライドチキンでは2度揚げを推奨します。

① 低め(160~170℃)の油で4~5分揚げる
② 一度取り出して1分半置く(余熱)
③ 高め(180℃前後)の油で20秒ずつ揚げる

低めの温度で揚げ、その後余熱で置くことで中まで火をしっかり通し、その上で表面をザクザクに揚げます。

注意
最初から温度が高いと、中まで火が通る前に「焦げてしまう」ため、最初は低めの温度で揚げましょう。

 

2度揚げをすることで、表面はザクザク・そして中までしっかり火を通すことが出来ます!

 

ポイントは動画で詳しくご紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみて下さい!

 

クリスマスフライドチキンまとめ

フライドチキンの作り方をご紹介しました。

衣がザクザクで、そして中までしっかりと味が染みており、揚げたてが特におすすめの味と食感に仕上がりました。最近はコンビニ等でもフライドチキンが買える時代ですが、おうちで出来立てを食べれる喜びを味わえるレシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です