YouTubeも更新中!

【玉ねぎとろとろ】喫茶店風の絶品しょうが焼きの作り方(簡単贅沢レシピ)

喫茶店風しょうが焼き

豚のしょうが焼きの作り方をご紹介します。

特に今回は、喫茶店風の「玉ねぎとろとろ」を意識したレシピになっています。隠し味を効かせたタレでトロトロにした玉ねぎのほか、豚肉も柔らかく仕上げており、口に入れた瞬間に嬉しさが広がります。ポイント自体は簡単にできる内容になっていますので、ぜひ試してみて下さい。

 

豚のしょうが焼きの作り方

1 材料(2人分)

豚肉(ロース薄切りorこま切れ) 300g
玉ねぎ 1/2個
しょうが 20g

☆料理酒 大さじ3
☆しょうゆ 大さじ2
☆砂糖 大さじ1.5
☆ケチャップ 小さじ1

サラダ油 適量
キャベツ お好みで

 

2 YouTubeの料理動画でご紹介

 

3 作り方

では、玉ねぎとろとろの豚のしょうが焼きをご紹介します。

美味しく・食感が良くなるためのポイントが3つありますので、一緒に確認しながら作り方を見ていきましょう。

 

まずはじめに玉ねぎを切り、しょうがを用意します。

 

しょうがをすりおろしました。皮の食感が苦手な方は、スプーンで皮を削るように剥くと簡単に剥けます。

今回は上記の画像のように、しょうがを多めに使うため、しょうがチューブを使うよりは「生のしょうが」を摩り下ろして使うことをオススメします!

 

そしてすり下ろしたしょうがを、醤油・酒・砂糖・ケチャップと合わせます。

1つめのポイントとして、隠し味にケチャップを少量加えます。ケチャップは酸味・コク・甘味を加えられるため、手軽に凝った印象を出すことが出来ます。

なお注意点として、ケチャップは思ったよりも主張が強めのため、少量(小さじ1くらい)を目安に加えましょう。

 

次に、豚肉に片栗粉を振り

 

2つめのポイントとして、片栗粉を全体に馴染むように和えます。

片栗粉で覆うことで、肉汁を閉じこめ豚肉が柔らかく仕上がり、また片栗粉の衣にタレがしっかりと染みこみます。

 

そしてまずは豚肉を焼き

 

中まで火を通したら、一度豚肉を取り出してキッチンシートで油を取ります。

 

その後玉ねぎを飴色になるまで3~5分ほど炒めます。

 

ここで最大のポイントです。

豚肉を加えずに調味料を入れ、玉ねぎだけを調味料で煮詰めます。

 

玉ねぎを炒めたあと、3分ほどしっかりと煮詰めることで「とろとろ」の状態にします。

このタイミングで豚肉を一緒に入れてしまうと、玉ねぎがとろとろになる前に「豚肉が固くなる」または「調味料の水分が飛ぶ」状態になってしまうため、あらかじめ玉ねぎだけを煮ていきましょう!

 

あとは豚肉を加え、仕上げに中火で水分を飛ばすようにしながら、全体を和えます。

 

柔らかい豚肉に加え、とろっとろの玉ねぎの食感がたまらないレシピです。

たっぷりのしょうが・しょうゆベースのタレに加え、玉ねぎの甘み・ケチャップのコクがアクセントになっており、ごはんが無性に欲しくなる味に仕上がっています!

 

4 豚のしょうが焼き 作り方まとめ

① 玉ねぎを薄切りにする。

② しょうがを擦り、☆と合わせて混ぜる。

③ 豚肉に片栗粉を加え、全体に馴染ませる。

④ 油を敷いたフライパンで、豚肉を中火で焼く。火が通ったら一度取り出す。

⑤ 一度拭いたフライパンに油を足し、玉ねぎを入れ飴色になるまで炒める。その後②の調味料を入れ、とろとろになるまで弱火で3分ほど煮る。

⑥ 焼いた豚肉を加え、中火で全体を和える。

 

★ポイント
1 たれの隠し味にケチャップ(少量)
2 豚肉に片栗粉
3 玉ねぎだけを先に煮る

 

【材料】
豚肉(ロース薄切りorこま切れ) 300g
玉ねぎ 1/2個
しょうが 20g

☆料理酒 大さじ3
☆しょうゆ 大さじ2
☆砂糖 大さじ1.5
☆ケチャップ 小さじ1

サラダ油 適量
キャベツ お好みで

喫茶店風しょうが焼き

 

豚のしょうが焼き まとめ

玉ねぎとろとろの、豚のしょうが焼きをご紹介しました。

豚肉・玉ねぎともに大変柔らかい食感で、味もしっかり染みました。調理手順のポイントを押さえるだけで、材料・作り方ともに特別なものは必要のない、簡単なレシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です